へんろ部部室 !!! ( 88HenroClub )
歩き遍路にどっぷりハマった管理人が遍路の快適生活のコツを教えます !!! \(^o^)/
 «   2015年1月  |   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   » 

歩き遍路は、質素に歩くべきか?

スポンサーリンク

質素に歩いたほうが面白いかも!

はじめから答えを言ってしまうと、質素に歩くべきかというより、勝手に質素(身軽)になっていくというのが正解です。

それは、何故かと言ったら、すべての荷物を背負っては歩けないからです。何日か歩いていると、疲れてきますので、はじめは軽いと思っていた荷物でも重たく感じてきます。で、その中から、いらないものが出てくるので、送り返すか、欲しいに人にあげるか、捨てるか選択することになります。というわけで、気がつけば、自分にベストな必要最低限の荷物しか 持っていないことになり、質素(身軽)になってしまうという感じになるわけです。

ただ、人によっては、遍路スタイルが違いますから、より過酷な野宿や自炊などもしたい場合は、その分の重たくなります。ですので、出発前に自分が背負えるか、事前に知っておくことも重要です。いきなり本番で、無理をしますと、すぐに体を壊してリタイアしてしまうか、手負いの状態で進むことになってしまうから、必ず確認しておいてください。

歩き遍路で一周歩き通せる一つのコツは何と言っても、荷物を少なくするということですので、何が自分に必要かを十分に検討して荷物を選ぶようにしてください。よほどの特殊なものでない限り四国でも、手に入りますので、はじめに持っていくか迷うものは置いて行ってください。

逆に、重いからと言って、必要なものまで削ってしまうと悲惨なことになるので、その点も気をつけてください。自分では、どうにもできなくなったときは、地元の方に助けてもらわなくてはいけなくなるので、迷惑を掛けないようにもしなくてはいけません。(この点については、人のコトは言えませんが、敢えて書いておきます。)

個人的な経験上、一般的な遍路さんだと5〜10kg程度でまとまると思いますので、そこら辺を目安にして荷物を揃えてみてください。当然、距離を歩きたい方は、これより軽くした方がいいですから、何を削るかを考えて荷物を選んでください。

そこまでして、質素に歩く必要がない方でも選択できるなら、いつもより質素に歩いた方がいいかと思います。その理由は防災対策としてです。

東日本大震災で今までの生活が実は贅沢であったことがわかったかと思うので、もし歩き遍路をする機会があれば、今までのような生活ではなく、キャンプなどをして、生活レベルを落としてみるのがオススメかと思います。

個人的に経験しておいたほうがいいのは以下の事柄です。必ずこの体験は、後々役に立つと思うので、体験しておいた方がいいと思う。

  • 孤独に慣れて、自分の頭で行動できるようにする
  • テント生活を苦に思わなくさせる
  • お金を使わなくても普通に生活できるようにする
  • 感謝の気持ちを実感する
  • いつ何があっても動じないようにする

かなり無理をして、必要な荷物も持たないで遍路するのはダメですが、いつもの生活よりは、身軽に歩き遍路をしてみてください。意外と快適に旅ができるなぁ〜と実感できると思います!

カテゴリ : へんろ徒然記  »  平成27年 2015
日時 : 2015年1月10日 02時36分26秒 [土] | コ (0)ト (0)
スポンサーリンク
Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです! Powered by Movable Type 5.15-ja クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

最新記事

» 最新記事 50件

カテゴリ

サイト内検索

天気予報

↓ フッターリンク

四国遍路リング 登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム

カウンター

Flag Counter