へんろ部部室 !!! ( 88HenroClub )
歩き遍路にどっぷりハマった管理人が遍路の快適生活のコツを教えます !!! \(^o^)/
 «   2018年12月  |   5  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   » 

遍路での使い捨てカイロの節約方法

スポンサーリンク

嬉しい節約法!

使い捨てカイロの節約法です。寒い時期に行う歩き遍路で大活躍すること間違いなしの方法です。この技で、寒さの中でも、より快適に遍路旅を過ごしていってください!!

簡単なカイロ節約法

使い捨てカイロ(20時間)カイロ(20時間) カイロとチャック付密閉袋カイロとチャック付袋 カイロを密閉袋収納カイロを密閉袋収納 試験使用したカイロ試験使用したカイロ

やり方は大変簡単です。必要なものは、使い捨てカイロと密閉袋だけです。まずは、使い捨てカイロを通常の使用法通りに使います。その後、使用中断したくなったら、カイロとほぼ同サイズのチャック付きの密閉袋に収納します。数分待つと冷たくなるので、次回まで、そのまま放置しておく。使いたくなったらカイロを袋から出せば再度温まる。ということです。

この方法を使うと細切れで使用時間まで使えるようになります。注意としては、袋に入れる時、できるだけ中の空気を絞りだすようにすることです。理由は、カイロの発熱が鉄粉と酸素の反応で起こるため、その空気(酸素)を遮断することで反応を一時停止させることができるからです。再度開封することで、再反応が起こり、復活し温まるという仕組みです。

ちなみに、実際に先日、この方法で使ってみた所、問題なく数回使うことができました。朝の散歩時などで使い、中断したい時に密閉袋に入れて放置するということを繰り返しました。結果は、数日に渡り問題なく温まることができました。その時の使用カイロは、去年の余り物で使用時間は20時間のものでした。結果、若干ですが持続時間を越えるという嬉しい事態が起きました。

以前は、一度開封したあとは、ただ使い切るだけだったので、かなり無駄な使い方をしていたことになります。この方法を知ったおかげで、熱量的にも経済的にも節約できるようになりました。

寒い時期に歩き遍路をする人は、ほぼいないと思いますが、この方法を使えば、少量のカイロでかなりの日数を使えるようになるでしょう。使い捨てカイロは約60gと地味に重たいので、2〜3個もあれば、7〜10日は十分に持ちこたえられるでしょう。この節約法を使うと重たい10個セットを買う必要がなくなるので、荷物も軽くできます。

また、この方法のおかげで同時使用などの贅沢使用もできるようになります。例えば2個使用で、両手の手袋に入れて使うことで、入れ替える手間も減り、かじかむ事も減るでしょう。勿論、遍路中だけでなく、一般生活でも使えるので、家計にも優しい節約法になるでしょう。

密閉袋を選ぶ場合は、できるだけ同寸のものを選びましょう。カイロの寸法は、約13cmx10cmなので、紙寸法だとA6(105mm×148mm)がちょうどいいサイズになります。ちなみに写真の袋は140mmx100mmサイズでした。

歩き遍路では、特にカイロの使用時間が長いのがオススメです。24時間モノの場合は、1回(日)2時間使用で、12回(日)分使えますから、大変ありがたい節約方法となるでしょう。

この方法は、以前、知り合いから教えてもらっていたのですが、試したのは今回の冬が初めてでした。一部の方には、以前から有名な方法らしいのですが、実体験とともに、ここで検証記事となりました。ただ、残念なのは、現役時代に知っていれば良かったなということでした。

とにかく寒い時期は、何事も余計に辛く感じますから、少しでも温かくして、過酷な時期での遍路旅をお過ごしください。

寄せ書き帳(色紙)    «    平成30年 2018 ( 4 )    »    ↑ カテゴリ最後
カテゴリ : へんろ徒然記  »  平成30年 2018
日時 : 2018年12月27日 23時09分57秒 [木] | コ (0)ト (0)
タグ : カイロ, チャック付袋, 冬遍路, 節約
スポンサーリンク
Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです! Powered by Movable Type 5.15-ja クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

最新記事

» 最新記事 50件

カテゴリ

サイト内検索

天気予報

↓ フッターリンク

四国遍路リング 登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム

カウンター

Flag Counter