へんろ部部室 !!! ( 88HenroClub )
歩き遍路にどっぷりハマった管理人が遍路の快適生活のコツを教えます !!! \(^o^)/
 «   2019年5月  |   10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31 

● 遍路語録 「あ行」 目次

スポンサーリンク

歩き遍路で使われる「あ行」のコトバ!

四国で目にする一般的な東屋四国で一般的な東屋

こちらでは、遍路中に出くわす「あ行」のコトバを集めてみました。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
「あ」
↑ Menu
あいさつ
【挨拶】
歩き遍路で特に重要なコミュニケーション。
あしどめ
【足止め】
いろいろな理由で先に進めなくなること。
あすふぁると
【アスファルト】
道路の舗装材。現代の歩き遍路では、暑い時期に歩くとかなり大変。
あづまや
【東屋】
歩き遍路さんの休憩、仮眠場所として利用される施設。
あまやどり
【雨宿り】
雨の時に一時的に休む行為。
あるきそくど
【歩き速度】
歩き遍路では歩くスピードが時に重要であるが、一般的な平均時速4kmよりかは若干遅くなることがある。
あるきへんろ
【歩き遍路】
自分の足で歩いて遍路すること。特に四国では、リスペクトされることが多く、道中でお接待などを受けることがある。
「い」
↑ Menu
いきなはからい
【粋な計らい】
遍路中に起こる奇跡の一種。諦めかけた頃に、突然やってくる出来事。
いしづちさん
【石鎚山】
四国を含む西日本の最高峰の山。番外霊場とされているため、立ち寄る歩き遍路さんもいる。
いちにちのきんむ
【一日の勤務】
歩き遍路を仕事に例える時の表現。歩き遍路の場合は7〜17時までの10時間勤務が基本となる。
いっこくうち
【一国打ち】
県(旧国)別にお参りすること。4県あるので、この場合は、4回四国に行くことになる。
「う」
↑ Menu
うちもどり
【打戻り】
お寺をお参りしてから、元来た道を戻ること。いくつものルートがある場合、まれに、途中まで元に戻ったほうがいい場合がある。
うつ
【打つ】
お寺をお参りすること。昔は、参拝の際に木札を打ち付けた名残。現在は、納札を奉納する。
「え」
↑ Menu
えき
【駅】
お寺に行くために利用する鉄道施設。まれに最寄り駅でも数十km離れているところもあるので、辛いこともある。
えひめけん
【愛媛県】
遍路で3番目に通る県。昔の伊予国。
えらい
【エラい!】
「大変だ」や「きつい」、「すごい」という意味の西日本の方言。東日本では、「偉い」と勘違いする人もいる。
「お」
↑ Menu
おがみや
【拝み屋】
そっち系の能力を持っていると言って近づいてくる胡散臭い遍路さん。
おくるませったい
【お車接待】
車の乗せていただくお接待。人により、ありがたさに差が出る。
おさめふだ
【納め札】
お寺に奉納するお札。ただ、遍路での使い方はいろいろあって、大変便利で需要なアイテムの一つ。
おしこくさん
【お四国さん】
特に歩き遍路に対して使う表現。
おしこくびょう
【お四国病】
特に歩き遍路にハマってしまうコト。
おせったい
【お接待】
歩き遍路さんを助けてくれる風習。いろいろな種類があって、初めて受ける人は大抵吃驚する。
おせったいいぞん...
【お接待依存症】
本来、当たり前でないお接待が、いつの間にか、当然のことと思い込んでしまい、お接待を欲する感覚麻痺の状態や症状。
おせったいがえし
【お接待返し】
特にありがたいお接待を受けた方に対して行うお返し。
おためしへんろ
【お試し遍路】
数日だけ、四国に来て遍路をすること。または遍路のコースを歩くイベントに参加すること。
おつとめ
【お勤め】
お寺でいう勤行。宿坊があるお寺に泊まると、翌朝、住職さんと一緒にお経をあげる。
おれいまいり
【お礼参り】
結願だけで終わらせず、一番最初のお寺に再びお参りすること。大抵の方は1番に戻ってくる。
↑ Menu
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行
スポンサーリンク
Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです! Powered by Movable Type 5.15-ja クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

最新記事

» 最新記事 50件

カテゴリ

サイト内検索

天気予報

↓ フッターリンク

四国遍路リング 登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム

カウンター

Flag Counter